四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 記村 聡子

教員紹介

記村 聡子

看護学部看護学科・准教授

学生へのメッセージ

私たちは、医療・保健・福祉の多様な職種とチームを組み、人々の『暮らし』を、人々の『生きる』を支えています。互いを認め合い、高め合える看護専門職を目指し、大いに学びましょう。

研究領域

地域連携に関する研究、看護師研修に関する研究、老人看護学に関する研究

担当科目

老年看護学概論、老年看護学方法論、老年看護学実践論、老年看護学実習I、老年看護学実習II、リハビリテーション看護学、卒業研究(事例研究)

経歴

【最終学歴】
千葉大学大学院看護学研究科先端実践看護学講座 高齢者会実践看護学教育研究分野博士後期課程 修了

【職歴】
2007年 甲南女子大学看護リハビリテーション学部
2013年 四條畷学園大学 看護学部設置準備室
2014年 神戸学院大学総合リハビリテーション学部社会リハビリテーション学科 非常勤講師
2015年 四條畷学園大学 看護学部看護学科
2019年 神戸女子大学 看護学部看護学科
2020年 四條畷学園大学 看護学部看護学科
2021年 同志社大学生命医科学部 嘱託講師

【学位】
博士(看護学/千葉大学)

研究業績

【論文】
記村聡子,他(2021),コロナウイルス感染症流行下における老年看護学実習の検討〜「治療を必要とする高齢者への看護」を学ぶ学内代替実習プログラム,四條畷学園大学看護ジャーナル
記村聡子,他(2021),新型コロナウイルス感染症流行下における老年看護学実習の検討〜「地域で暮らす高齢者への看護」を学ぶ学内代替実習プログラム,四條畷学園大学看護ジャーナル
記村聡子(2021),看護師を対象とした地域連携研修プログラム開発に関する研究,地域ケアリング,2021,vol23,No5
記村聡子(2021),看護師を対象とした地域連携研修プログラム開発に関する研究,地域ケアリング,2021,vol23,No 10 *再掲載依頼あり、研修プログラム内容を加筆し、報告する
記村聡子(2021),看護師を対象とした地域連携研修プログラム開発に関する研究,地域ケアリング,2022,vol24,No 3*再掲載依頼あり、研究に参加した住民の反応と連携における課題について加筆し、報告する

【口頭発表】
住民と専門職が協働で明らかにする地域の課題~CBPRの実践 第57回日本社会医学会総会 2017年
【示説】共著
看護師を対象とした地域連携研修デザインプロジェクト~CBPRの実践報告  第58回日本社会医学会総会 2018年
【口頭発表】
看護師を対象とした 地域連携 研修における演劇ワークショップ 活用 の可能性 第59回日本老年医学会総会 2019年
【示説】共著
老年看護学実習におけるシミュレーション教育のプログラムデザイン〜第1報 学内実習プログラムに関する報告 第2回日本看護シミュレーションターニング学会学術集会 2021年
記村聡子、廣瀬 忍、梅垣弘子、上野理恵 
【示説】共著
老年看護学実習におけるシミュレーション教育のプログラムデザイン〜第2報 学内実習報告 第2回日本看護シミュレーションターニング学会学術集会 2021年
廣瀬 忍、記村聡子、梅垣弘子、上野理恵 
【示説】共著
老年看護学実習におけるシミュレータでの「その人らしさ」への模索 第2回日本看護シミュレーションターニング学会学術集会 2021年
梅垣弘子、廣瀬 忍、上野理恵、記村聡子 

社会活動

四條畷市老人クラブ連合会主催 健康・介護に関する講演会講師 タイトル「おしっこトラブル解決法」2021年11月

一覧へ戻る