四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 本田 寛人

教員紹介

本田 寛人

理学療法学専攻・准教授

学生へのメッセージ

本学で大いに学び、充実した学生生活を送ってください。また、同級生だけではなく、先輩、後輩、教員など、大学での人のつながりは一生ものです。ここでの出会いを大切にしましょう。

研究領域

代謝疾患(糖尿病、肥満症など)における理学療法

担当科目

内部障害系運動療法学

経歴

【学歴】
2008年3月 神戸大学医学部保健学科 卒業
2010年3月 神戸大学大学院保健学研究科博士前期課程 修了 修士号(保健学)取得
2015年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程 研究指導認定退学
2017年3月 京都大学大学院 博士号(人間・環境学)取得

【職歴】
2010年4月 公立豊岡病院日高医療センター リハビリテーション技術科(~2017年3月)
2015年5月 京都大学大学院人間・環境学研究科 研修員(~2017年3月)
2017年4月 藍野大学医療保健学部理学療法学科 助教(~2019年3月)
2019年4月 同上 講師(~2021年3月)
2021年4月 四條畷学園大学リハビリテーション学部 准教授(現在に至る)

研究業績

【筆頭論文】
・Honda H, Igaki M, Komatsu M, Tanaka S. Seasonal variations on endothelium-dependent flow-mediated vasodilation in adults with type 2 diabetes and nondiabetic adults with hypertension and/or dyslipidaemia who perform regular exercise. Endocrinol Diab Metab, 4(1): e00168, 2021.
・Honda H, Yoshikawa K, Yamashina Y, Yamato Y, Terada S, Goto M. Impact of social networking service usage on self-learning activity and physical activity in Japanese undergraduate physical therapy students: A cross-sectional study. Journal of Allied Health Sciences, 12(1):8-15, 2021.
・Honda H, Igaki M, Komatsu M, Tanaka S, Takaishi T, Hayashi T. Stair climbing–descending exercise following meals improves 24-hour glucose excursions in people with type 2 diabetes. J Phys Fitness Sports Med, 10(1): 51-56, 2021.
・Honda H, Igaki M, Komatsu M, Tanaka S. Effect of moderate-intensity seated exercise on the management of metabolic outcomes in hypertensive individuals with or without exercise habits. J Exerc Sci Fit, 19(1): 51-56, 2021.
・Honda H, Maeda R, Ando S, Shinbo K, Nanikawa W, Iwamura M, Yamashina Y, Yamato Y. Bag Carrying Method During Level Walking Affects Perceived Exertion Ratings Without Altering Energy Cost, Oxygen Consumption, and Heart Rate in Healthy Adults: A Randomized Crossover Trial. Exerc Med, 4: 9, 2020.
・Honda H, Igaki M, Komatsu M, Tanaka S. Effect of maintaining supervised gym- and home-based exercises on the seasonal variations of metabolic outcomes in overweight and obese Japanese adults. BMJ Open Sport Exerc Med, 6(1): e000866, 2020.
・Honda H, Yoshikawa K, Yamashina Y, Yamato Y, Terada S, Goto M. Association among social-networking service usage via smartphone, internet addiction, and psychological stress in Japanese physical therapy university students: a single-university cross-sectional study. J Phys Ther Sci, 32(9): 591-596, 2020.
・Honda H, Igaki M, Tanaka S, Ono K, Hirota Y. Impact of Self-Reported Sitting Time and Transtheoretical Model Based on Exercise Behavior Change on Glycemic and Weight Control in Japanese Adults with Type 1 Diabetes: A Cross-Sectional Study. Healthcare (Basel), 8(2): 105, 2020.
・Honda H, Igaki M, Hatanaka Y, Komatsu M, Tanaka S, Miki T, Matsuki Y, Takaishi T, Hayashi T. Repeated 3-minute stair climbing–descending exercise after a meal over 2 weeks increases serum 1,5-anhydroglucitol levels in people with type 2 diabetes. J Phys Ther Sci, 29(1): 75-78, 2017.
・Honda H, Igaki M, Hatanaka Y, Komatsu M, Tanaka S, Miki T, Suzuki T, Takaishi T, Hayashi T. Stair climbing/descending exercise for a short time decreases blood glucose levels after a meal in people with type 2 diabetes. BMJ Open Diab Res Care, 4(1): e000232, 2016.
・本田寛人, 杉元雅晴, 前重伯壮, 寺師浩人. 直流微弱電流刺激が褥瘡の創縮小に対して与える効果 ―シングルケース実験法に基づいて―. 日本褥瘡学会誌, 14(1): 63-67, 2012.

【著書(分担執筆筆頭)】
・本田寛人. 壮年期における予防理学療法の考え方. 予防と産業の理学療法 (樋口由美ほか編), 南江堂: 109-117, 2020.
・本田寛人, 林達也. 運動療法の効果と実際,注意点. 糖尿病 最新の治療2019-2021 (門脇孝ほか編), 南江堂: 99-103, 2019.
・本田寛人. 生活習慣病患者における個別運動指導による行動変容ステージ進展効果の検証/2型糖尿病患者における教育入院による心理的負担の経時的変化の比較/生活習慣病患者における動脈機能の季節ごとの比較. メディカルスタッフのためのひと目で選ぶ統計手法 (山田実編), 羊土社: 94-95/110-111/118-119, 2018.
・本田寛人. 神経障害を有する2型糖尿病患者の外来リハビリテーション “無自覚”な有害事象を回避し,いかに効果を出すのか?. 解いて納得!身につける理学療法 内部障害の症例検討 (玉木彰編), 羊土社: 167-176, 2017.
・本田寛人. Da Qing Diabetes Prevention Studyについて教えてください/DPSについて教えてください. 理学療法士のための わかったつもり?!の糖尿病知識Q&A. (石黒友康・田村好史編), 医歯薬出版: 128-129/130-131, 2016.
・本田寛人. 糖尿病網膜症患者に対する理学療法/糖尿病サマーキャンプ. 糖尿病の理学療法 (清野裕ほか監修), メジカルビュー社: 178-184/254-259, 2015.
・本田寛人, 井垣誠, 林達也. メタボ患者は高強度有酸素運動を行うべきである. メタボリックドミノに挑む!俺流処方 糖尿病・腎・内分泌疾患編 (伊藤裕編), 南山堂: 90-94, 2014.
・本田寛人, 林達也. 第8章 C. 運動療法の評価法. 糖尿病患者の食事と運動 考え方と進め方 (荒木栄一編集主幹), 中山書店: 184-191, 2014.
・本田寛人, 井垣誠. 代謝機能障害に対する運動療法. 運動療法学 (第2版) 障害別アプローチの理論と実際 (市橋則明編), 文光堂: 471-489, 2014.

【外部資金(助成金)】
・日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 若手研究. 「短時間の階段昇降運動による糖代謝機能改善効果に関する検討」. 研究代表者. 研究期間: 2019年度~2021年度.
・平成30年度国立研究開発法人日本医療研究開発機構 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業. 「後期高齢者のADL維持・改善に着目した栄養療法の開発」. 研究分担者 (代表: 清野裕). 研究期間: 2018年度~2020年度.
・平成29年度 公益社団法人 日本糖尿病協会 メディカルスタッフ育成研究助成. 「1型糖尿病患者における身体活動と血糖コントロールに関する検討」. 研究代表者. 研究期間: 2018年度~2019年度.

社会活動

【所属学協会】
日本理学療法士協会、日本糖尿病理学療法学会、日本糖尿病協会、日本糖尿病学会、アジア糖尿病学会(AASD)、日本先進糖尿病治療研究会、日本肥満学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本褥瘡学会、日本物理療法学会

【委員・世話人等】
日本糖尿病理学療法学会 運営幹事
日本理学療法士学会 編集委員会 査読委員
日本糖尿病協会「歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー」(兵庫県) 世話人
日本糖尿病協会「DM Ensemble」 編集委員
株式会社メディカ出版「糖尿病ケア」 編集同人
血糖トレンド委員会 サポーター
兵庫県小児糖尿病サマーキャンプ 運営・医療スタッフ
DMF KOBE(兵庫県1型糖尿病患者会・市民公開講座) 運営委員・事務局
「International Journal of Environmental Research and Public Health」Reviewer board member

一覧へ戻る