四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 安藤 好枝

教員紹介

安藤 好枝

看護学部看護学科・講師

学生へのメッセージ

なにかをすれば、間違うこともあります。しかし、なにもしない人はいつも間違いをおかしているのです。
明るい未来のために、一緒に看護を学んでいきましょう!

研究領域

老年看護学
多職種連携のマネジメント、終末期高齢者の看取り、認知症高齢者ケア

担当科目

在宅看護学方法論、在宅看護学実践論、在宅看護学実習Ⅰ、在宅看護学実習Ⅱ、卒業研究

経歴

三井住友海上ケアネット株式会社:介護支援専門員、看護師
中部大学生命健康科学部 保健看護学科:助手、助教
園田学園女子大学人間健康学部 人間看護学科:助教

研究業績

【著書】
・社会資源の活用と関連諸制度社会資源概説,共著,新日本法規出版,(pp832-834、pp836-837)Q&A(pp849-863),2011

【学術論文】
・訪問看護による要介護高齢者の生活機能改善事例の検討,共著,生命健康科学研究所紀要第6号(pp57~68),2010.
・退院支援に求められる専門職間連携を支えるケアマネジメント,単著,保健福祉医療連携3巻2号(pp68~73),2011.
・老年看護学臨地実習における学生の困難状況と対処行動―第一報 実習初期における困難状況の実態―,共著,生命健康科学研究所紀要 ,Vol.8(pp91-105),2011.
・老年看護学臨地実習における実習時期からみた学生の困難状況と対処行動,共著,生命健康科学研究所紀要 Vol.9(pp84-101),2012.
・看護大学生の災害対策の実態と対応マニュアルのニーズ,共著,生命健康科学研究所紀要Vo1.9(pp25-34),2012.

【学会発表】
・地域医療連携室の活動実績と課題-退院時ケアマネジメント-,日本ケアマネジメント第6回学会研究大会,p81,北海道,2007.
.・インフォームド・コンセントと患者の自己決定,第16回日本臨床死生学会,p54,東京,2010.
・在宅高齢者の改善事例による訪問看護サービスがもたらす効果について,共著,第15回日本在宅ケア学会学術集会,p56,広島,2011.
・日本における在宅ホスピスケアの現状と課題について,第17回日本臨床死生学会大会,p68,兵庫,2011.

社会活動

【所属学会】
日本保健医療福祉連携教育学会:査読委員
日本ケアマネジメント学会:認定ケアマネジャー
日本臨床死生学会
日本看護医療学会

一覧へ戻る