リハビリテーション学部

OB・OGインタビュー

学生生活の思い出と教え

ひとあし先に巣立った卒業生。今は各方面でバリバリの療法士として第一線で活躍中です。今の仕事と学生生活での経験を通じて、当学部の自慢やこれからの夢などを語っていただきました。

理学療法学専攻/2016年3月卒業

大阪大学医学部附属病院(大阪府吹田市)勤務

自分が学びたかった環境の中で、夢を追いかけることができました。

「スポーツなどでケガをした人の競技復帰をサポートしたい」「スポーツでの負傷予防に努めたい」…そんな理由から、理学療法士を目指しました。四條畷学園大学を選んだのは、少人数で学生と教員の距離が近く、また特色である『スポーツリハビリ-テーション』を学べるところに魅力を感じたからです。おかげ様で国家試験にも合格し、今は夢だった理学療法士として、大学附属病院で運動器や中枢疾患、呼吸・循環器の理学療法を行っています。

学生一人ひとりと真剣に向き合って下さる先生ばかりでした。

在学中で思い出に残っているのは、就職試験前の面接練習です。通常は1回の練習で終わるのですが、緊張のあまり上手くできなかった私に、自信が持てるようになるまで先生がとことん付き合って下さいました。あの時のことは、本当に感謝しています。
また、学生だけで実技演習をしていた時、わからない点を先生に聞きに行くと、練習現場まで出向いて実演を交えながら教えて下さったこともありました。少人数ということもあり、いつだって親身に、熱心に対応して下さる先生ばかりでした。

先生が口にされていた言葉の意味が、最近ようやく理解できました。

「もしも、両親や身内の人がリハビリを必要とした時、担当療法士の曖昧な介入によって、一般的な経過と比較して思うように結果が出なかったら、その療法士を許せるか?」と先生によく言われました。就職した今も、その言葉が時々脳裏をよぎります。入職1年目であることが、患者様やその家族にとって不安にならないよう責任感を持ち、先輩にすぐ相談することを心掛けています。技術面や知識はもちろん、精神面でも自分を大きく成長させてくれた学校です。

理学療法学専攻/2013年3月卒業

医療法人永広会 島田病院(大阪府羽曳野市)勤務

スポーツで故障した方の復帰を支えられる人になりたくて。

野球で肩を痛めた時、理学療法士の方のおかげで復帰できました。そうした経験から、ケガで困っている人の力になりたいと思ったのが、理学療法士を目指すきっかけです。四條畷学園大学は、スポーツ分野を得意とされている先生が多いと聞き、選びました。
現在は、整形外科病院で運動器疾患患者様の外来・入院リハビリテーションに携わっています。ケガや障がいを負った方に対して、日常生活や仕事、競技への復帰が実現するようサポートするのが主な仕事です。

いつだって、学生の成長を一番に考えてくれる学校です。

学生生活の中で「国家試験」は大きなハードルでしたが、特別講義や参考資料等の準備など、試験対策がとても充実していて不安はありませんでした。また、個々のレベルに合わせた熱心な指導や、クラス全員が合格できるようにと勉強しやすい環境も作って頂きました。人数の多い学校でなかった分、どの先生も学生一人ひとりと真剣に向き合い、接して下さっていました。どんな話でも相談しやすく、先生との距離感が本当に近い大学であったと思います。

大学での学びを活かして、どんどんチャレンジを続けたい。

今、院外活動として個人的に理学療法士のスキルを活かして、甲子園大会や軟式野球大会のメディカルサポートに携わっています。こうした自分自身のチャレンジも、コミュニケーション力や社会人としての常識など、人として大きく成長させてもらった大学生活がベースにあります。特に「常に疑問を持ち、考える」ことの重要性を学ばせてもらったことが、今の職場や仕事で大いに活かされているように思えます。本当にこの大学を選んで良かったです。

作業療法学専攻/2014年3月卒業

独立行政法人 国立病院機構 奈良医療センター(奈良県奈良市)勤務

国家資格合格率と就職率の高さに惹かれ、この大学を選びました。

高校生の時、担任の先生から『作業療法士』という職業を教えて頂いたのが、この道を目指すきっかけでした。元々、人の身体に興味があり、物を作ることが好きだったので、「物」を使って病気やケガのリハビリを行う『作業療法士』に、とても魅力を感じました。
四條畷学園大学を選んだのは、大学卒業と国家資格である作業療法士の資格を同時に取れ、しかも、その試験合格率と就職率が非常に高かったからです。

どんな時でも力を貸して下さった先生方に感謝の気持ちで一杯です。

4年生になると一人で長期間実習へ行ったり、国家試験を間近に控えるなど、悩みや不安な気持ちを抱えることが多々ありました。それでも学校に行くと、いつだって先生方があたたかく迎えて下さいました。たくさんの励ましやアドバイスも頂きましたし、国家試験に向けて夜遅くまで学校で勉強していた時も、一緒に先生も残って親身に教えて下さいました。それに、一人ひとりに先生が付いて質問しやすい環境も作って下さったので、すごく安心感がありました。

卒業後も、臨床の先輩として私の成長を応援して下さっています。

臨床経験豊富な先生ばかりで、就職活動の時もとても心強かったです。特に就職先を決める際、あれこれと悩んでいた私に、その職場の環境や特色など、先生だからこそ知り得る情報なども惜しみなく聞かせて下さいました。
就職した今でも、臨床の先輩として相談に乗って下さいますし、さまざまな教えを通して人として成長することもできました。この大学を選んで、本当に良かったと思います。