四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 松木明好教授が第19回日本神経理学療法学術大会で講師を務めました

ニュース

松木明好教授が第19回日本神経理学療法学術大会で講師を務めました

2022.01.7
お知らせ
本学リハビリテーション学部教員松木明好(理学療法学専攻 教授)が
第19回日本神経理学療法学術大会にて教育講演「協調運動・姿勢バランスを調整する神経メカニズム」の講師を務めました。

本学会は日本における神経理学療法の学術の中核を担うものであり、
多くの理学療法士にとって重要な知見を提供するものです。
本学教員は、学内教育だけでなく日本の理学療法の発展に寄与する活動を今後も続けていきます。

 

【関連リンク】
第19回日本神経理学療法学術大会HP
http://jsnpt19iwate.jp/

【抄録】

http://jsnpt19iwate.jp/schedule/abstracts.pdf

 

【教員紹介はこちら】
・松木 明好(理学療法学専攻・教授)