四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 北垣助教と国立循環器病研究センターの共同研究が国際科学雑誌に掲載。

ニュース

北垣助教と国立循環器病研究センターの共同研究が国際科学雑誌に掲載。

2021.10.4
お知らせ
日頃より四條畷学園大学の教育活動につきましてご理解とご協力をいただきありがとうございます。

本学、リハビリテーション学部 理学療法学専攻の北垣和史助教が国立循環器病研究センターでの業績をまとめた「Depressive symptoms interfere with the improvement in exercise capacity by cardiac rehabilitation after left ventricular assist device implantation」が国際科学雑誌「Artificial Organs」に掲載されました。

今回の研究では、植込型補助人工心臓を装着された重症心不全患者に対する心臓リハビリテーションの効果が抑うつ症状によって阻害されることを明らかにしました。

これからも四條畷学園大学は、国民の健康・生活の質を高める知見を発信していけるよう研究を進めていきます。

※掲載論文はこちら Artificial Organs(Wiley Online Library)