四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 【リハビリテーション学部】松木明好教授が学会で研究成果を発表しました。

ニュース

【リハビリテーション学部】松木明好教授が学会で研究成果を発表しました。

2019.12.5
お知らせ
本学、理学療法学専攻の教授である松木明好先生が第24回日本基礎理学療法学会学術大会のシンポジウムU39最先端研究紹介にて「Vestibular neuromodulation and cerebellum」というタイトルで、また一般口述セッションにて「Cerebellar transcranial magnetic stimulation reduces the cortical silent period during force control」というタイトルで研究成果を発表しました。

第24回日本基礎理学療法学会学術大会プログラムはこちら