四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 《重要》【学生、保護者の皆様へ】令和3年度の本学の授業等の対応方針について

ニュース

《重要》【学生、保護者の皆様へ】令和3年度の本学の授業等の対応方針について

2021.03.16
お知らせ
学生、保護者の皆様へ

【重要】令和3年度の本学の授業等への対応方針について


新型コロナウイルス感染症につきましては、2月末に大阪府、京都府、兵庫県に対する2回目の緊急事態宣言が解除されましたが、関西地区における感染状況は、新たな変異株の出現も加わり、未だ収束の見通しは立っておりません。

本学では、昨年の新型コロナウイルス感染症の拡大以降、学生、保護者様のご理解を得て、状況に応じた感染対策を講じながら、遠隔授業と対面授業等を適宜組み合わせながら授業を実施してまいりました。

令和3年度の本学の授業等につきましては、昨年度の経験等を生かしながら、密閉空間、密集場所、密接場面という「3つの密」の回避し、マスク着用、手洗いなどの手指消毒、適切な換気等に留意し、以下の感染防止対策を引き続き徹底し、原則、対面授業といたします。

なお、新型コロナウイルス感染症のリバウンド等による状況の変化があった場合には、感染防止のため、遠隔授業等を再検討する可能性がありますことをご理解願いたく存じます。

(1)感染の予防と健康管理

・毎朝体温測定し、健康管理表に体温と症状(咳、咽頭痛、筋肉痛、強い倦怠感)を記入する。
・原則、自宅を出る時点から帰宅するまで、マスクをつける。
・手すりやドアノブを触った後、食事前、帰宅時など、こまめな手洗いを徹底する。
・学舎の出入りの際は手指消毒用アルコールを使用する。
・人との距離を確保し、マスクなしで近い距離での会話はしない。
・免疫力を高めるため、十分な睡眠、バランスのとれた食事と適度な運動を心掛ける。
・食事は指定された場所で取り、食事中は会話をしない。

(2)通学を控えるケース

・発熱や咳などの風邪症状がある場合は、登校せず自宅で休養する。その際、所属学部事務室に欠席の電話連絡を入れて症状を伝える。
・登校再開は、解熱後24時間経過を見て症状がないことを確認してからとし、欠席が複数日に渡る場合は毎日症状について電話連絡する。

【連絡先】
リハビリテーション学部事務室…072-863-5043
看護学部事務室…072-813-2601

以上