四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

海外実習

リハビリテーション学部では、海外地域リハビリテーション実習に参加することができます。研修先は世界でもトップレベルのリハビリテーション教育・システムを持つオーストラリアで、現地の大学でリハビリテーションについて学ぶほか、施設や病院見学を行います。
海外実習を通して国際感覚を磨き、幅広い視野を身に付けた理学療法士、作業療法士を目指すことができます。

目的 外国の病院、福祉施設、ナーシングホームなど理学療法士や作業療法士の職域に係る現場を現地訪問し、制度の異なる当該国と日本とを比較する。 
目標
  1. 1.病院における理学療法士や作業療法士の活動を見聞し、医療制度や専門職の役割の違いについて比較する。
  2. 2.社会福祉制度や高齢化率などの違いを見聞し、福祉領域における当該国の理学療法士や作業療法士の活動の現状を知る。
  3. 3.外国の理学療法士、作業療法士、その他の職種との交流を体験することによって視野を広め、専門職としての可能性や責任について考察する。