四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 雨夜 勇作

教員紹介

雨夜 勇作

理学療法学専攻・准教授

学生へのメッセージ

運動と心理・精神の関係を調べています。少々難しいですが、「心身一如」(シンシンイチニョ):禅僧の栄西。禅の瞑想(メイソウ)における内的経験の昂揚(コウヨウ)した状態を表すと言われています。
この意味は、内面的瞑想と外面的行動の両者が向かう理想の境地とされています。具体的には、思ったこと(やらなければならないこと)が直ぐに実行できる、といったことでしょう。初めはココロと身体はバラバラでも次第に重なりあって、ココロの思うままに体が動くようになると言われています。この解決策の一つに運動があると考え、研究を進めています。
目標を達成するためには、目の前の課題に向き合っていくことだと思います。一緒にこの難問に挑んで、皆さんの目標が達成できるように頑張りましょう。

研究領域

有酸素運動、脳・前頭葉機能、内受容感覚、自律神経

担当科目

理学療法入門 理学療法実習Ⅲ(内部障害疾患・生活支援分野) 理学療法研究論 理学療法ゼミナール

経歴

【学歴】
1998年 佛教大学 卒業
2002年 龍谷大学大学院 修了
2015年 関西医科大学大学院 医学研究科 入学 現在に至る

【学位】
修士(社会福祉学)

【職歴】
1984~89年 福岡市立心身障害福祉センター
1989~94年 八木厚生会八木病院
1994~02年 洛和会 音羽病院
2002~現在 四條畷学園大学 リハビリテーション学部(旧四條畷学園短期大学含む)   
      准教授 

研究業績

・ K yuhou, S., Amaya、Y. Matsuzaki, R., Nakao K.: Molecular alternations in the motor cortex and behavioral recoveries after hemicerebellectomy in mice. Neurosci Res. 61/S1, S237(2008)
【発表】
・ 雨夜勇作、玄番央恵、中尾和子、松崎竜一. 頚部水平回転運動における頭頂連合野の予測制御. 第42回日本理学療法学術大会、平成19年5月24日~26日、新潟市
・ 久寳 真一、雨夜勇作、松崎竜一、中尾和子. Molecular alternations in the motor cortex and behavioral recoveries after hemicerebellectomy in mice. 第31回日本神経科学学会 2008年7月9-11日(東京国際フォーラム)
・ 久寳 真一、雨夜勇作、松崎竜一、中尾和子. Molecular alternations in the motor cortex and behavioral recoveries after hemicerebellectomy in mice 第36回国際生理学会世界大会(IUPS2009)2009年7月27-8月1日(国立京都国際会館)

社会活動

日本理学療法士協会

一覧へ戻る