四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

教員紹介

長野 聖

理学療法学専攻・専攻長・教授

学生へのメッセージ

中国・唐代の医書に、優れた医者はどうあるべきかを記した「上医は国を医(いや)し、中医は人を医し、下医は病を医す」 という一節があります。
私たち理学療法士も、障害や疾病のみに志向するのではなく、「人」や「社会」に対しても常に関心を持たなければなりません。こうした感性を共に磨いていきましょう。

夢ナビ・メッセージ
http://yumenavi.info/wnf012/wnf012_p.aspx?sq=2015175169

研究領域

地域リハビリテーション、地域ケア制度、公衆衛生学

担当科目

理学療法概論、生活環境論

経歴

【学歴】
1989.03 愛媛十全医療学院 理学療法学科 卒業
1995.03 青山学院大学第二文学部 教育学科 卒業
1997.03 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻 修士課程修了
2002.03 大阪大学大学院医学系研究科社会系専攻 博士課程修了
博士(医学)

【学位】
博士(医学)

【職歴】
1989~95 帝京大学医学部附属病院リハビリテーション部
2002~07 大阪府立大学総合リハビリテーション学部(旧・大阪府立看護大学医療技術短期大学部含む)
2007~11 大阪府議会議員 (堺市・南区)
2011~12 市立堺病院リハビリテーション科 (短期雇用理学療法士)
2012~   四條畷学園大学リハビリテーション学部・教授

研究業績

【著書】
地域リハビリテーション学テキスト(南江堂)分担執筆
臨床評価指標入門(協同医書)分担執筆

社会活動

日本理学療法士協会、日本公衆衛生学会

一覧へ戻る