四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 谷口 清弥

教員紹介

谷口 清弥

看護学部看護学科・教授

学生へのメッセージ

日々の学習は大変でしょうが、その中で「やりがい」や「愉しみ」を見つけましょう!現在の経験が自分の成長につながると信じて前進!

研究領域

看護師のレジリエンス、メンタルヘルス不調者のセルフマネジメント、看護教育方法

担当科目

精神看護学概論、精神看護学方法論、精神看護学実践論、ヘルスカウンセリング論、精神看護学実習、総合実習、卒業研究

経歴

【最終学歴】
2012.3 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻博士課程修了

【学位】
博士(ヒューマンケア科学)

【職歴】
2008.4〜甲南女子大学 看護リハビリテーション学部看護学科(助教・講師)
2015.4~四條畷学園大学 看護学部(准教授・教授)

研究業績

【論文】
1)谷口清弥:看護師のレジリエンスの現状と支援の検討―精神的回復力の高さによる因果モデルの比較から,-看護教育研究学会誌,l5.(1),2013.
2)谷口清弥:看護師へのイメージ法を用いた自己イメージ再構築によるメンタルヘルスの中期効果, 日本保健医療行動科学会雑誌,28(1),2013.
3)前田勇子、谷口清弥、服部容子他:臨地実習における各看護学領域共通の技術経験録の導入,甲南女子大学研究紀要看護学・リハビリテーション学編.(3),2014.
4)山口豊、中村結美花、鈴木裕子、谷口清弥、窪田辰政、宗像恒次がん体験者へのSAT療法による心理支援の効果について 東京情報大学研究論集,18(1),2014.
5)谷口清弥:看護におけるレジリエンスと看護学生のレジリエンスの観点から見たメンタルヘルスのサポートの要点,人材育成,12(2):2015.
6)谷口清弥:精神科クリニックに通院するメンタルヘルス不調者のセルフマネジメントの現状と支援ニード,日本精神保健社会学会雑誌 メメンタルヘルスの社会学,21,2015.
7)谷口清弥:精神科クリニックに通院するメンタルヘルス不調者が抱えるセルフマネジメントの困りごとと情報源,2016.
8)谷口清弥 塩谷育子、西村美登里、髙倉永久、二井悠希、高倉永久:メンタルヘルス不調者へのセルフマネジメントプログラムの効果に関する研,究四條畷学園大学看護ジャーナル,創刊号,2017.
9)Kiyomi Taniguchi:Empirical Research in Self-management Programs for Patients with Mental Health Disorders,メンタルヘルスの社会学,23,2017.
【発表】
1)Kiyomi Taniguchi:Intervention Effect on a Self-management Program for Mental Health Patients,The 2nd Asia-Pacific Nursing Research Conference,Taipei international Convention Center(第2回アジア太平洋看護研究学会 台北国際会議場),2016,
2)Kiyomi Taniguchi:Support that Patients Who Regularly See Psychiatrists Seek from Those Professionals,The4TH China Japan Korea Nursing Conference,Pekinn international Convention Center (第4回日中韓看護学会 北京国際会議場),2017,
3)西村美登里、谷口清弥:うつ病患者の回復過程における病の体験とストレ対処,第48回日本看護学会ー精神看護ー,島根県民会館,2017.
4)谷口清弥:クリニックにおけるメンタルヘルス不調者へのセルフマネジメントプログラムの実証的研究,第37回日本看護科学学会学術集会日本看護科学学会,仙台国際会議場,2017.

社会活動

日本精神保健社会学会理事
日本保健医療行動科学会 評議員
クリニックにおける心の健康相談
2017年日本精神保健社会学会学術集会実行委員長

一覧へ戻る