四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 藤永 新子

教員紹介

藤永 新子

看護学部看護学科・准教授

学生へのメッセージ

成人看護学を担当しています。特に成人期は社会的な役割のある中で、病気を持ちながらいかに折り合いを付けながらその人らしく生きていくのかを支援することが重要となります。が必要となります。そのためには何が必要か、何が出来るのか意見交換しながら看護を探求していきましょう。

研究領域

糖尿病患者の自己管理を支援するためのICTを利用したソーシャル・サポートに関する研究

担当科目

ヘルスアセスメント、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学実践論Ⅰ、成人看護学実習Ⅰ、リハビリテーション看護学

経歴

【学歴】
2017年9月 兵庫県立学大学院応用情報科学研究科博士後期課程修了

【学位】
修士(人間科学)
博士(応用情報科学)

【職歴】
2008年4月 甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科就任
2015年3月 甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科退任
2015年4月 四條畷学園大学看護学部看護学科 就任
(現在に至る)

研究業績

1.糖尿病患者に対するソーシャル・サポートシステムの構築と有効性の検証:兵庫県立大学大学院博士論文,pp1-85,2017.
2.ICTを利用した糖尿病患者へのソーシャル・サポートシステムの導入と評価:日本医療情報学会37(4),pp155-168,2017.
3.糖尿病患者の同病者支援システムの開発-システムの改良と運用方法の検討-:四條畷学園大学看護学ジャーナル創刊号,pp55-59,2017.
4.第14回四條畷学園大学市民講座「しのびよる血管の老化」-聞いて納得血管若返り生活習慣のすすめ-:四條畷学園大学看護学ジャーナル創刊号,pp74-78,2017.
5.「糖尿病応援サイト」の在宅患者状況の比較:第12回日本学会感性工学会春季大会,2017.
6.チーム基盤型学習を受けた看護大学生の経験:日本看護研究学会第30回近畿.北陸地方会学術集会,2017.
7.Improvent of the System to Build More Active Online Community Among Diabetic Patients:The2nd Asia-pacific Nursing Research Conference,CO8‐186,2017.
8.糖尿病患者に対するピア・サポートが自己管理行動と負担感に及ぼす影響ー患者会参加の有無による比較からー:日本保健医療行動科学会雑誌VOL30,NO2,PP61-70,2016.
9.糖尿病患者のソーシャル・サポートシステムの構築に向けたネットワーク上でのコミュニケーションへの影響要因の分析:日本感性工学会論文誌VOL15,NO4,PP485-492,2016.
10.慢性心不全患者に対する遠隔看護によるヘルスマネジメント:日本感性工学会春季大会,2016.
11.糖尿病患者間のソーシャル・サポートシステムの構築に向けたネットワークコミュニティの形成要因と阻害要因の分析:日本感性工学会春季大会,2016.
12.医療施設における糖尿病患者会の実態と課題:日本慢性学会,2016.
13.糖尿病患者会の運営を阻む要因の検討―効果的な運営に向けた一考察―:日本保健医療行動科学会,2016.
14.人工股関節全置換術を受けた患者を対象とした遠隔看護システムの評価,日本医療情報科学学会,2016.
15.チーム基盤型学習を受けた学生の経験〜効果的な教授方法の検討〜:日本看護研究学会近畿・北陸地方会学術集会,2016.

社会活動

2015年7月 第14回市民講座講師
2014年4月 済生会中津病院看護部研究指導(27年3月まで)
2013年5月 第7回日本慢性看護学会学術集会実行委員(25年6月まで)
2010年11月 兵庫県医師会 地域ケア研究会班員(25年3月まで)

一覧へ戻る