四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 森永 敏博

教員紹介

森永 敏博

リハビリテーション学部長・学科長・教授

学生へのメッセージ

大学生として相応しい「自主・自律」に努め、楽しい学園生活を過ごして欲しい。

研究領域

運動器系理学療法
高齢者に対する理学療法
理学療法教育・制度

担当科目

リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、医学英語、地域リハビリテーション実習Ⅰ(海外研修)

経歴

京都大学医療技術短期大学部名誉教授、元京都大学医学部保健学科教授
インディアナ大学大学院Allied Health Sciences 留学(東京都衛生局奨学金)
ピッツバーグ大学留学(文科省在外研究)

【学位】
修士(インディアナ大学保健科学、教育学)

研究業績

【著書】
理学療法概論(医歯薬出版)理学療法概論(神陵文庫)
標準理学療法学(医学書院)、神経筋促通手技(翻訳、共同医書)
その他
【研究】
空気圧を利用した免荷式歩行装置の開発、研究(科研費、挑戦的萌芽研究)
高齢者における有痛性関節疾患のADL改善に関する研究(大阪ガスグループ研究助成)
整形外科疾患の理学療法ー理論と実際ー
その他:股関節、肩関節障害に関する研究論文
専門領域:運動器疾患の理学療法

社会活動

元世界理学療法連盟(WCPT)理事、元アジア理学療法連盟(ACPT)理事
第33回日本理学療法士学会学会長、第13回WCPT学会副学会長、
第35回近畿理学療法士学会学会長、第41回近畿理学療法学術集会会長
第1,6回京都理学療法士学会学会長、
日本運動器リハビリテーション学会評議員、その他
元日本理学療法士協会理事、国際渉外部長、元京都府理学療法士協会会長、
元京都市社会福祉協議会事業委員会委員ならびに介護機器普及事業運営協議会会長、その他

一覧へ戻る