四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 松山 辰男

教員紹介

松山 辰男

作業療法学専攻・教授

学生へのメッセージ

内科学の講義を通して、医療行為に携わる態度、心構えを身につけてほしい。

研究領域

糖尿病の病態生理・予防、消化管ホルモンと糖代謝、インクレチン

担当科目

内科学

経歴

昭和40年 大阪大学医学部卒業
昭和41年 大阪大学医学部第二内科入局
昭和47年 米国デトロイト・サイナイ病院研究所留学(昭和49年 帰国)
昭和51年 医学博士
昭和56年 大阪大学医学部第二内科講師
昭和62年 国立循環器病センター病院医長(臨床検査部門主任)
平成元年 国立循環器病センター病院臨床検査部長
平成9年 市立豊中病院副院長
平成10年 大阪大学医学部臨床教授併任(平成12年まで)
平成13年 市立豊中病院病院長、豊中看護専門学校学校長併任
平成17年 同定年退職
平成17年 豊中市立介護老人保健施設かがやき施設長(平成19年まで)
平成19年 財団法人大阪国際空港メディカルセンター所長

【学位】
博士(医学)

研究業績

・ Matsuyama T, Foa PP: Plasma glucose, insulin, pancreatic, and enteroglucagon levels in normal and depancreatized dogs. Proc Soc Exp Biol Med 1974;147:97-102.
・ Matsuyama T, Tanaka R, Shima K, et al Plasma immunoreactive glucagon in depancreatized animals. in Glucagon:Its role in physiology and clinical medicine. ed by Foa PP, Bajaj JS, Foa NL. 1977, New York, Springer-Verlag, 113-27. 
・ Matusyama T, Tanaka R, Shima K, et al: Failure of somatostatin to decrease blood glucose by suppression of extrapancreatic glucagon in severely diabetic depancreatized dogs. Endocrinol Japon 1978;25:529-32. 
・ Matsuyama T, Tanaka R, Shima K, et al: Anomeric specificity in the response of gut glucagon-like immunoreactive materials to glucose. Horm Metab Res 1979;11:214-6. 
・ Matsuyama T, Namba M, Nonaka K, et al: Decrease in blood glucose and release of gut glucagon-like immunoreactive materials by bombesin infusion in the dog. Endocrinol Japon 1980;27(Suppl 1):115-9. 
・ Matsuyama T, Namba M, Shima K, et al: Release of gut GLI by luminal hypotonicity. Horm Metab Res 1981;8:471-2. 
・ Matsuyama T, Itoh H, Watanabe N, et al: Glucagon-(1-21)-peptide as an active enteroglucagon. Biomed Res 1988;9(Suppl 3):137-42. 
・ Matsuyama T, Itoh N, Koshi T, et al: Glucose intolerance with coronary artery diseasemay improve after coronary artery bypass surgery. Reassessment of glucose intolerance by 1988 WHO criteria. J Toyonaka Muni Hosp 2000;1:11-7.
・ 松山辰男:グルカゴン関連ペプチドと糖尿病.市立豊中病院医学雑誌 2005;6:7-22. 
・ 松山辰男:膵外/腸管グルカゴンとGLP-1の分泌動態とその生理作用.International Review of Diabetes 2011;3:62-71.
・ 松山辰男:グルカゴンと糖尿病.四條畷学園大学リハビリテーション学部紀要2011;7:1-12."

社会活動

【所属学会】
日本内科学会(元評議員)、日本糖尿病学会(功労評議員)、日本内分泌学会(功労評議員)、日本臨床化学会(有功会員)、日本肥満学会(評議員)、日本病態栄養学会(評議員)、日本消化器病学会(元近畿支部評議員)、日本老年医学会,日本臨床分子医学会、日本動脈硬化学会、日本循環器学会、日本プライマリ・ケア学会
【学会認定医・専門医・指導医】
日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本臨床化学会認定臨床化学者、日本病態栄養学会認定NSTコーディネーター
【受賞】
昭和49年 米国医学会ヘクトエン金メダル(共同受賞)
昭和57年 日本内分泌学会研究奨励賞
【その他】
北大阪臨床糖尿病集談会代表世話人、豊中糖尿病勉強会代表世話人、公益財団法人尚志社理事、豊中ロータリークラブ会員、大阪三曲協会理事

一覧へ戻る