四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 木下 和昭

教員紹介

木下 和昭

理学療法学専攻・助教

学生へのメッセージ

理学療法士が活躍できる職域は年々拡がっています。医療・福祉・スポーツ・教育・研究などなどたくさんあります。まずは少しでも理学療法に興味があるならば、その目標へ向かって一緒に一歩を踏み出しませんか? それを応援してくれる教員が本学にはたくさんいます。皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

研究領域

スポーツリハビリテーション、体幹機能、身体機能
運動器傷害の理学療法

担当科目

スポーツリハビリテーション、運動学、運動器系運動療法学、運動器系運動療法学実習

経歴

四條畷学園短期大学 リハビリテーション学科 卒業
大阪産業大学大学院 人間環境学研究科 博士前期課程 卒業
京都工芸繊維大学 バイオテクノロジー専攻 博士後期課程 在学中

野崎徳洲会病院 リハビリテーション科
神戸海星病院  リハビリテーションセンター

【学位】
修士(人間環境学)

研究業績

【著書】
・臨床実践 変形性膝関節症の理学療法. 文光堂, 東京, 2016,47-59
・臨床実践 足部・足関節の理学療法.文光堂, 東京, 2017,25-38
【論文】
・ A novel objective evaluation method for trunk function. J. Phys. Ther. Sci. 27: 1633-1636, 2015
・Relationship between trunk function evaluated using the trunk righting test and physical function in patients with knee osteoarthritis. J. Phys. Ther. Sci.29(6): 996-1000, 2017
【発表】
・倒立姿勢保持における肘関節と肩甲骨周囲の筋活動〜上肢肢位の違いによる変化〜
(第28回 日本臨床スポーツ医学会 2017年)
・高等学校におけるスポーツ活動支援事業の利用状況とその意義
(第43回 日本整形外科スポーツ医学会 2017年)
・小学生野球選手における肩肘関節障害発生者の肩関節可動域の特徴〜1年間の縦断的検討〜
(第9回 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2017年)
・片側の体幹の荷重支持機能の向上が動作に与える効果
(第54回 日本理学療法学術大会 2017年)
*その他:(https://researchmap.jp/kazuaki)

社会活動

【所属学会】
日本理学療法士協会、日本臨床スポーツ医学会、一般社団法人アスリートケア、日本整形外科スポーツ医学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本体力医学会、関西臨床スポーツ医・科学研究会

【社会活動】
一般社団法人アスリートケア 助成研究員(2009、2010、2014~2018年)
神戸市体操協会主催 神戸ジュニア体操クラブ トレーナー(2017年2月~現在に至る)

一覧へ戻る