四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 徳永 智美

教員紹介

徳永 智美

看護学部看護学科・助教

学生へのメッセージ

母性看護学は女性とその家族のライフサイクルを通じて健康支援を学ぶ領域です。実習ではお母さんと赤ちゃんから生命の尊さと女性の素晴らしさを一緒に学んでいきましょう。

研究領域

新生児の蘇生、助産師の継続教育

担当科目

母性看護学実践論、母性看護学実習、総合実習

経歴

【学歴】
2014年3月 兵庫医療大学大学院看護学研究科修了
2014年4月 岡山大学大学院保健学研究科博士後期課程(現在に至る)

【学位】
修士(看護学)

【職歴】
大阪府立母子保健総合医療センター(助産師)
愛人会千船病院(助産師)
園田学園女子大学人間健康学部人間看護学科(非常勤講師)
千里金蘭大学看護学部看護学科(非常勤講師)

研究業績

1.開業助産師を対象にしたNCPR講習会受講後の知識と技術を保持する促進因子と阻害因子に関する研究.兵庫医療大学大学院看護学研究科.修士論文.2014
2.NCPRを修得した開業助産師における新生児蘇生の実態.四條畷学園大学看護ジャーナル 創刊号.2017
3.筋強直性ジストロフィーの児を持つ家族への育児支援『重篤な疾患を持つ新生児の家族と医療スタッフの話し合いのガイドライン』を用いた看護の振り返り.第19回日本新生児看護学会学術集会.2009
4.NCPR取得後のフォローアップ研修の必要性への検討.第20回新生児看護学会学術集会.2010
5.開業助産師の新生児蘇生に関する要因-第一報.質問紙調査による新生児蘇生の因子分析結果-.第55回日本母性衛生学会総会・学術集会.2014
6.開業助産師の新生児蘇生に関する研究-第二報.知識と技術の保持に影響する要因.第55回日本母性衛生学会総会・学術集会.2014
7.新生児蘇生の実践力維持に向けて(第1報):職種別に見たNCPR講習会6ヵ月後の不安.第56回日本母性衛生学会学術集会.2015 
8.新生児蘇生の実践力維持に向けて(第2報):NCPR継続学習の実態と課題.第56回日本母性衛生学会学術集会.2015
9.新生児蘇生の実践力維持に向けて(第3報):NCPR講習会後6ヵ月・12ヵ月におけるNCPRの実践状況.第57回日本母性衛生学会学術集会.2016
10.NCPRスキルアップコースの満足度調査.第58回日本母性衛生学会学術集会.2017

社会活動

岡山大学で新生児蘇生講習会を定期的に開催して,NCPRの普及活動をしています。

一覧へ戻る