四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 宮下 佳代子

教員紹介

宮下 佳代子

看護学部看護学科・助教

学生へのメッセージ

「看護」も「教育」も、人との関わりの中で多くの刺激を受け、互いが成長していける場です。また人と関わり寄り添っていくには、「強さ」と「しなやかさ」が必要であると考えます。看護部を志す学生の皆様が必要な知識の修得と人間力を培う道を、良い刺激を受けながら一緒に歩んでいきましょう。

研究領域

子どもの療養環境・トータルケア、子どものエンド・オブ・ライフ・ケア

担当科目

小児看護学実習、総合実習

経歴

【学歴】
2014.3 大阪府立大学大学院看護学研究科博士前期課程 修了

【学位】
修士(看護学)

【職歴】

1994.4 大阪市立大学医学部附属病院(看護師)
2007.4 白鳳女子短期大学総合人間学科(助教・講師)
2011.7 大阪市立大学医学部看護学科(非常勤講師)
2013.4 平安女学院大学短期大学部保育科(非常勤講師)
2014.4 大阪府立大学看護学部/地域保健学域(非常勤講師)
2015.4 四條畷学園大学看護学部看護学科 就任
(現在に至る)

研究業績

・小児病棟における療養環境改善活動の状況と評価、課題,第48回日本小児血液学会.2006
・ターミナル期の子どもの主体性を支える小児看護専門看護師のケア,第56回日本小児血液がん学会.2014
・看護基礎教育課程で使用されるテキストの「死」に関する記載の現状-子どものターミナルケア検討にむけて,第56回日本小児血液がん学会.2014
・予防接種についての電話相談に関する一考察~大阪府#8000事業平成27年度の実績からの報告~,第26回日本外来小児科学会年次集会.2016
・ターミナル期の子どもの主体性を支えるケア~小児看護専門看護師の語りより~,日本小児看護学会誌,Vol26,2017
・小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労に関わる要因と支援に関する研究,第59回日本小児血液がん学会学術集会.2017

社会活動

【所属学会】
日本小児看護学会
日本小児血液がん学会・日本小児がん看護学会
日本看護科学学会
【社会活動】
小児救急医療サポートネットワーク
病気の子どものトータルケアセミナーin大阪 運営

一覧へ戻る