四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 吉川 彰二

教員紹介

吉川 彰二

看護学部看護学科・教授

学生へのメッセージ

Think Globally Act Locally!−(常に広い視野をもち、身近なことから行動しよう!)−の精神で、共に頑張っていきましょう。

研究領域

小児医療から成人医療への移行支援に関する研究

担当科目

小児看護学概論、小児看護学方法論、小児看護学実践論、小児看護学実習、研究方法論、総合実習、卒業研究(事例研究)

経歴

【学歴】
1989年 関西学院大学経済学部卒業
1994年 大阪府立看護短期大学 第二看護学科卒業
2002年 関西学院大学大学院総合政策研究科 前期課程修了
2011年 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 後期課程修了

【学位】
博士(看護学)

【職歴】
1989〜1994年 医療法人光愛会 光愛病院
1994〜2000年 大阪府立母子保健総合医療センター
2000〜2011年 大阪府立看護大学看護学部 (2005〜大阪府立大学 看護学部看護学科;名称変更)
2011〜2015年 森ノ宮医療大学 保健医療学部看護学科
2015年4月〜現職

研究業績

フォンタン型手術後の子どもの「生活機能」の検討−保護者へのインタビューより−,共著,小児保健研究(67)2,315-321,2008
慢性疾患をもつ子どものトランジション・ケアの現状-北米におけるトランジション・プログラムから-,単著,大阪府立大学看護学部紀要(17)1,111-119,2011
小児から成人への移行期のてんかん診療の現状と患者ニーズに関する研究,共著,てんかん研究,32(1)3-12,2014
本学看護学科における解剖見学実習による学生の学びと今後の課題−実習後アンケート調査の結果より−,共著,森ノ宮医療大学紀要7・8,199-207,2014

社会活動

特記事項なし

一覧へ戻る