四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 二井 悠希

教員紹介

二井 悠希

看護学部看護学科・助教

学生へのメッセージ

人との出会いやつながり、共に過ごす時間を大切にして、大学生生活を楽しんでください。看護学も楽しんで一緒に学んでいきましょう。

研究領域

メンタルヘルスに関する研究、看護学教育に関する研究

担当科目

精神看護学実習、精神看護学実践論

経歴

【学歴】
兵庫県立看護大学 看護学部看護学科 卒業
滋賀医科大学大学院 医学系研究科 修士課程看護学専攻(現在に至る)

【学位】
学士(看護学)

【職歴】
近畿大学医学部奈良病院・附属病院(看護師)
大阪信愛女学院短期大学(助手・助教)

研究業績

【研究ノート】
1)木村聡子,二井悠希,津田右子(2015).IBL(Inquiry-Based Learning)を導入した精神看護過程の演習報告.大阪信愛女学院短期大学紀要,49,27-37.
2)二井悠希,木村智恵,津田右子(2015).精神看護学実習における対人関係形成への学生指導 -プロセスレコードの事例検討を通して-.人と環境 8, 23-31.

【発表】
1)籔内順子,徳珍温子,瀧本美佐子,井内伸栄,二井悠希(2011).確実性のある看護技術習得に向けたWeb教材の有用性.日本セーフティプロモーション学会第5回学術大会 ,2011年11月,大阪市
2)津田右子,木村聡子,二井悠希,浅川佳則(2015).精神科認定看護師による授業の教育効果.第25回日本精神保健看護学会学術集会,2015年6月,つくば市
3)YABUUCHI Junko, TAKIMOTO Misako, TOKUCHIN Atsuko, IUCHI Nobue, NII Yuki, KOSAKA Yasuko(2016). Efficacy of online resources for acquiring nursing skills A trial for self-study by the e-learning system, January 2016, Taiwan
4)津田右子,木村聡子,二井悠希(2016).精神看護過程にIBL(Inquiry based Learning)演習を導入した学生の学び.第26回日本精神保健看護学会学術集会,2016年7月,大津市
5)木村聡子,津田右子,二井悠希(2016).IBL(Inquiry-based Learning)を導入した精神看護過程演習時の教員の役割.日本看護学教育学会第26回学術集会,2016年8月,東京
6)木村聡子,二井悠希,浅川佳則,津田右子(2017).精神科認定看護師による授業の教育効果 第2報.第27回日本精神保健看護学会学術集会,2017年6月,札幌市
7)二井悠希,宮松直美,東山綾,久保佐智美,西田陽子,杉山大典,呉代華容,辰巳友佳子,西川智文,岡村智教(2017).喫煙行動が精神的健康に与える影響:神戸研究.第52回日本アルコール・アディクション医学会学術総会,2017年9月,横浜市

社会活動

【所属学会】
日本精神保健看護学会、日本アルコール・アディクション医学会、日本循環器病予防学会

一覧へ戻る