四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 教員紹介 > 上田 任克

教員紹介

上田 任克

作業療法学専攻・専攻長・教授

学生へのメッセージ

作業療法士は障害者や高齢者などの日々の生活をサポートする仕事です。急速な高齢化に供給が追い付いていないのが現状です。社会で求められている仕事を目指してみませんか。

研究領域

自立度の改善・介護負担の軽減が図れる住宅改造と福祉用具

担当科目

福祉用具論、地域リハビリテーション原論、作業適用学

経歴

【職歴】
1977年 中伊豆温泉病院
1984年 大阪市更生療育センター
1994年 大阪府立看護大学医療技術短期大学部 講師
1997年 大阪府在外研究員(ニューヨーク州)
2004年 大阪府立大学総合リハビリテーション学部 講師
2007年 大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 兼任
2009年 四條畷学園大学 教授

【学位】
修士(学術)

研究業績

・高齢者用機器に関する調査研究(1991)
・援助手順と簡単な住まいのアダプテーション(1996)
・手作り自助具設計指針(2002)
・生活機能を支える住環境整備(2005)
・主観的評価を用いた住宅改造による介護負担変化の研究(2005)
・重度障害のある人のAssistive Technologyサービスに関する教育プログラムの調査・研究(2006)
・示指及び中指の押し力における接触部位の画像解析(2006;共著)
・Prototype Quantitative Mechnical Device for Measuring Tactile and Pressure Sense(2007;共著)
・和式トイレの前方横手すりがしゃがみ姿勢に与える影響 表面筋電図による検討(2008;共著)
・縦手すりを使用した立ち上がり動作における立ち上がりやすさの検討(2009;共著)
・関節リウマチにおけるMP関節サポーターの考案(2009;共著)
・母親との共同介入により良い姿勢反応を促せた重症心身障害者の一例(2010;共著)
・頚随損傷者や車いす利用者の理想とする飲食店のバリアフリー環境(2011;共著)
・手作り自助具設計指南(2012;単著)
・高齢者による手指で押す力の調節における日常運動の影響(2012;共著)

社会活動

【これまでの社会活動歴】
日本作業療法士協会中部支部長、静岡県作業療法士会事務局長、 大阪府老人訪問看護検討委員会委員、大阪府リハビリテーション需給状況調査検討委員会委員、 大阪府衛生対策審議会専門委員、大阪府作業療法士会会長、日本作業療法士協会広報部長、 厚生労働省理学療法士作業療法士国家試験委員第5回大阪府作業療法学会会長、第20回近畿作業療法学会会長、日本リハビリテーション工学協会SIG自助具代表
【現在の社会活動】
・一般社団法人 日本作業療法士協会 介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調協議会 大阪府委員
・一般社団法人 日本作業療法士協会 現職者共通研修および専門作業療法士取得研修(福祉用具基礎IV) 講師
・社会福祉法人 大阪市障がい者福祉・スポーツ協会 評議員
・社会福祉法人 ハートフル大東 理事・運営委員
・大阪府国民健康保険組合連合会 介護保険給付費審査委員会 委員
・河内長野市高齢者住宅改造費助成事業 講師
・大東市バリアフリー基本構想協議会 委員
・大阪リウマチケア研究会 世話人
・日本環境リハビリテーション科学研究会 特別顧問
・大阪市職業指導センター「知的障害者介護職員養成研修(介護員2級資格取得コース)」 講師
・大阪府医師会 医療モニター
・大阪市立大学都市防災教育研究センター 特別研究員
・大阪市障がい支援区分認定審査会 委員

一覧へ戻る