看護学部

座談会

在学生と先生に聞く!/看護学部トークセッション

第一期生となる在学生と教員が交わす、四條畷学園大学の学びの楽しさや「看護師」への想いを、トークセッションで綴っていきます。
大学生活や授業の中で感じるリアルなキャンパスライフ、四條畷学園大学看護学部が目指す姿や、将来への期待感を感じ取ってください。

  • T.K
    T.K
    大阪府内私立高校出身
  • C.S
    C.S
    兵庫県内私立高校出身
  • Y.N
    Y.N
    大阪府内公立高校出身
  • N.N
    N.N
    兵庫県内私立高校出身
  • 森 圭子
    森 圭子
    四條畷学園大学
    看護学部 看護学部長
  • 安森 由美
    安森 由美
    四條畷学園大学
    看護学部 看護学科 学科長

看護師を目指したきっかけ

T.KT.K

些細なきっかけでしたが、高校三年生の頃、「将来どうしようかな」って悩んでいた時に、祖母から「看護師が向いてるよ」と言われて興味を抱きました。

C.SC.S

両親が医療関係の仕事をしていたこともあり、小学生の頃から看護師に憧れていました。

Y.NY.N

両親や高校の先生の勧めがあって決めました。

N.NN.N

救急隊員の姿が恰好良くて、初めは救命救急士に憧れていました。でも高校生の時、病院への搬送間だけでなく、最後まで患者様に寄り添って看ることができる「看護師」を目指したいなと思うようになりました。

四條畷学園大学を受験した理由

T.KT.K

受験時は、新校舎がまだ建設中で、どんなところで学ぶのかイメージできなかったです(笑)。

安森 由美安森

オープンキャンパスの時もまだ建っていなかったですね(笑)。短大の学舎を借りてやっていましたね。

C.SC.S

オープンキャンパスでは安森先生が色々とお話しされていて、すごく優しそうだったのが印象的でした(笑)。
駅近がすごく魅力に感じたことも、四條畷学園大学を選んだポイントです。高校は駅から結構歩かないと行けないところで、雨の日とか嫌だなって思いながら学校に通っていたので…。そういうストレスがないのは嬉しい限りですね。

N.NN.N

「とにかく看護師になりたい」という思いが強かったので、看護系の大学に行きたいと考えていました。そんな中、看護師をされている母の友達に紹介してもらったのが、四條畷学園大学でした。新設学部と聞いて、「ピカピカの教室で楽しく勉強ができるかも!」って気軽な気持ちで受験しましたが、今はこの学校に入ることができて本当に良かったなって(笑)。自信を持って「ここに通っています」って誇れる大学だと思います。

大学の講義を受けてみて

T.KT.K

思い描いていたイメージと全く違っていました。大学生って、遊んで勉強もしないってイメージでしたけど、実際は毎日毎日勉強(苦笑)。でも、人の命を預かる職業を目指す以上は、とにかくもっと勉強しなければって思います。

Y.NY.N

それまで医療に関わる機会がなかったので、最初に基礎看護学の授業を受けた時に先生の体験談を聞いて、ようやく看護師の仕事がどのようなものか理解できました。今は、自分が知らないことにどんどん挑戦したいという思いでいっぱいです。

N.NN.N

ある授業で、実際に使っている電気メスを持ってきてくださった先生もいらっしゃいました。グループに分かれて、そういう器具に実際触ったりするのは、とても楽しかったです。

C.SC.S

授業で整形手術のビデオを見ましたが、カンコンカンコンとまるで工事をしているみたいで…。わかっていましたが、足の方向が見たこともない向きに曲がっていたりして、びっくりしました。あれで手術のイメージが変わりましたね。

N.NN.N

こんなにたくさんの手術や分娩のビデオを見せてもらえるとは思っていなくて、驚きました。なんとなく医療職に関わっているっていう実感が湧いて、見ているときは正直楽しいなと感じました。
1年生の時は、授業中に医療系のドラマを見る機会があって、あれはフィクションで見比べたらダメっていう意味かと思っていました。でも意外と参考になるシーンもあったりで楽しかったですね。

大学の先生ってどんな人

T.KT.K

いろんな先生がいて(笑)楽しいですよ。ずっと真面目に授業を続けられる先生もいらっしゃれば…。

安森安森

挙手もしていないのに学生を当てたり、マイクをどんどん回していく先生とかいらっしゃるもんね(笑)。

C.SC.S

あれはちょっと困ります(笑)。
答えがわかっていたら話せるんですが、解らないと「どうしよう~」って(苦笑)。

Y.NY.N

自分もどんどん社会人に近づく中で、足りていない部分がたくさんあります。その点、人生のいろんな経験をされているので、大人としてそういう姿に近づけたらいいなって感じます。理想の存在ですね。

N.NN.N

何かあった時にすごく頼れるというか。困ったことがあればいつでも助けてくれるといった気持ちが強いですね

森

優しさの中に必ず厳しさもあるし、厳しさの中にも優しさがあるっていうのが、教育的には一番望ましいですよね。

安森安森

来る人は拒まないというのが私のモットーです。
目が合えば「なぁに?」って聞きます(笑)。

C.SC.S

様々な先生が、「●●さんって××だったよね」って声をかけてくださいます。「ちゃんと普段から私のことを見てくれているんだ」って嬉しく思います。成績面で、「もっと頑張ろう」ってよく冷やかされたりするんですけど(笑)。でもそれは、とても有り難いことで、そうやって一人ひとりの学生をちゃんと受け止めてくださっているのが、すごく伝わってきます。

N.NN.N

久しぶりに会った先生でも、「髪の毛伸びたね?」みたいに声をかけてくださったり。一言かけてもらえるだけで、「見てもらっている感」があって、すごく嬉しいですね。

T.KT.K

当たり前ですが、みなさん自分の考えを持っていらっしゃって、自信を持ってそれをしっかり出すことができるし、それを人に伝えることができるっていうのはすごいことだと思います。

安森安森

チーム医療とかチームナーシングとか、チームの中で働くナースは自分の考えを人に伝えるっていうことをやっていかないといけないと思います。それが間違っていたとしても、意見を出すことで自分が持っている能力を一番発揮できる分野に気づき、それに対する自信も出てくると思います。

将来について

T.KT.K

大学病院で働きたいなって考えています。大きな病院って、バリバリ仕事をやっているというイメージがあるんです。

森

最先端医療みたいな?

T.KT.K

そうですね、新しいチャレンジをしてみたい気持ちが大きいです。

C.SC.S

2年生になってから専門科目が始まり、今はすごい手探り状態です。ただ、どの科目にも「その人に寄り添う」という言葉が絶対出てきて、患者様自身を知ることが大事なことだなって感じます。看護師、医療系の職業って病気やケガばかりを看るのかなと思っていましたが、たとえ同じ病気でも「この人ならどう対応したら良いのかな」と考えられるような看護師になりたいです。

Y.NY.N

最初は急性期の病棟を目指していました。でも、色々な領域の授業を受けると、それぞれに面白いところがあり、どの方面に進むか少し悩んでいるところです。しかし、共通するのは「患者さんが日常に戻れるための看護をどうすれば良いのか」ということがテーマですし、ずっとそれを考え続けることができる看護師になりたいと思っています

N.NN.N

2年生で各専門領域の勉強を始めて、それぞれの難しいところとか、面白いなと思うところがたくさんあります。実際の現場では、実習みたいに一人ひとりに時間をかけて看護を考えることが難しくなると思いますが、初心を忘れないように、その人に合ったケアを考え、しっかり寄り添っていける看護師になりたいです。

四條畷学園大学看護学部が看護師資格取得に特化する理由

安森安森

みんな病院に就職したいってことかな?
例えば、2年生の前期に在宅看護学の実習に行ったでしょう?在宅看護の施設でも看護師の方が働いていらっしゃったけど、そういう方面に行ってみたいって気持ちはある?

C.SC.S

病院は器具とか環境が整っていますけど、施設だと足りない部分が多いと思うんです。そういう環境にいきなり行っても、工夫や柔軟に対応することができないんじゃないかなと思うので、まずは病院で勤務するところから始めたいと思います。

N.NN.N

私も一緒。もしそういった施設や在宅看護の方面を目指すなら、病院勤務で技術面をスキルアップしてからかなと思います。

森

なるほど。学生の視点で弱くなるのが、いわゆる「在宅」です。だから四條畷学園大学では、在宅看護学をカリキュラムの中でしっかりと確立して、在宅看護学の実習は、2年次と4年次に行います。

安森安森

2年生の段階ではまだ概論だけだから、これから各論で在宅を深く学ぶと面白さがヒットすると思います。

森

今、看護師が果たす役割って、とても増加しているんです。最先端医療から生活に密着したところまで、判断・スキルが幅広く要求されます。そう考えたとき専門職である看護師は「看護学を4年間で学ぶべき」であり、これが私たちの看護教育のベースになっています。
その後に、保健師や助産師、専門看護師や認定看護師など、いろんな目標が生まれてきて、更に勉強が必要になってきます。そのベースにあるのが4年間の看護学教育だと私たちは思っています。その考えの下で、四條畷学園大学看護学部では「看護師資格取得に特化」したプログラムを実践しているんです。

受験生の方にここはNo.1ってところを教えてください。

T.KT.K

とにかく駅が近い!(笑)。
移動に体力と時間を使っていると勉強にパワーを出せないので、本当に魅力的です!
No.1です。

N.NN.N

駅と学校の距離だけでなく、先生と学生の距離も近いですし(笑)。その先生が見てくれているのも実感できて、アットホームな学校だと思っています。
あともう一つ、学年全員の仲の良さというか、男女関係なくみんな友達なんです。一緒に勉強していく仲間、グループで協力し合っていく仲間って感じで、仲の良さはNo.1じゃないかなって思います。

森

本当よね、1期生すごいと思うわ(笑)。横の繋がりとか。

安森安森

ひとつ言えば、うわ~って広がるもんね(笑)。

Y.NY.N

入ってみて感じたのですが、四條畷学園大学は他の大学に比べて男性比率が高いなって思います。

森

確かに多いよね。うん、本当に多い(笑)

C.SC.S

私は自治会に入っています。高校生の時と違って、決められた役割をこなしていくのではなくて、自分たちで率先して参加し、みんなで楽しむことをいろいろ考えたり計画を立てていくので、「自分たちが主体」にならなければいけません。そういう点で自主性も磨かれますし、新設校ならではの自由もあって魅力に感じます。

Y.NY.N

自主的な取り組みや学びの機会に恵まれていて、自分をすごく成長させることができるっていう点が、この大学の一番の魅力かなって思います。

C.SC.S

四條畷学園大学に入学して、「夢に一歩近づいたな」と感じたと同時に、授業や現場での厳しさを知り、戸惑いも正直ありました。でも、同じ夢を持つ仲間と出会えたことが嬉しくて、「ここでやっていく」って決心が固まりました。