よくある質問

  • TOP > 
  • よくある質問
Q文系ですが、リハビリテーション学部は受験できますか。
A文系でも理系でも受験できます。入試も文系の方でも選択できる科目が設定されています。また、合格後に数学や物理など理系科目の理解に不安のある方は、入学前教育でサポートできる体制が整っています。
Qオープンキャンパスに参加しないと入試の際に不利になりますか。
A不利になることはありません。しかし、本学リハビリテーション学部のありのままを知ってもらったうえで受験していただきたいので、是非ご参加ください。
Q理学療法士、作業療法士以外にも資格がとれると聞いたのですが、どのようにすればとれるのでしょうか。
A初級障害者スポーツ指導員、アメリカ心臓協会認定のHeart saver First Aid CPR AEDおよびBLS for Healthcare Providerの資格が、授業として特定の単位を満たすだけで取得可能です
Q遠方での実習があると聞いたのですが、費用の負担はありますか。
A実習施設のほとんどが自宅から通えます。宿泊が必要な実習地は多くありませんが、その場合でも宿泊費は大学が負担します。
Q大学にクラスはありますか。
A担任制でクラスを編成しています。理学療法学、作業療法学の両専攻ともに1学年が40人、担任の教員のサポートのもと、高校のような和やかなクラスの雰囲気があります。
Q悩みを相談できる友達ができるか不安です。
A少人数なので、高校の延長のようなクラスの雰囲気があり、みんな仲良く勉強しています。もし友達に相談しにくいことがあっても、担任がサポートします。担任にも相談しにくいことは学生相談室(専門のカウンセラーが対応します)でどんな悩みでも相談できます。
Q就職は大丈夫ですか。
A就職担当の教員、担任が中心となり面接練習などを含めた就職支援を行っています。近畿圏の医療機関だけでも、求人倍率は20倍を超えています(全国では60倍)。
Q公募推薦入試は専願ですか、併願ですか。またA、B両日程とも受験できますか。
A今年度はA、B日程に専願と併願の両方がありますので、専願か併願かを選んで受験してください。
A日程で合格できなかった場合は、B日程で受験することができます。その時はB日程の出願期間に注意して、遅れないように願書を提出してください。
Q文系ですが、看護学科は受験できますか。
A文系でも理系でも受験できます。入学後の授業に不安のある人は、入学までに数学、理科(生物、化学)の基礎を勉強しておくことをお勧めします。
Q看護の学習は大変だと聞いています。入学してからついていけるかどうか心配です……。
A本学では合格してから入学までに、高校までの基礎学力をもう一度強化するために、eラーニングシステム「なわてドリル」を導入しています。入学後、初年次教育として、大学で学ぶために必要なノートの取り方、文章表現、文献活用などを学びます。看護学については順序立てて学べるよう、そして自己学習ができるように時間割の工夫をしています。 なわてドリル
Q教科書代やユニフォーム代など、どれ位の費用がかかりますか。
A教科書代は4年間で20万円程度を目安にしてください。ただし個人差があります。1年次にユニフォームやナースシューズ、聴診器などで5万円ほど必要になります。
Q助産師や保健師にも関心があるのですが……。
A本学部のカリキュラムは看護師国家試験受験資格の取得に特化していますので、在学中に助産師や保健師の国家試験受験資格に必要な単位を取ることはできません。卒業後に助産師や保健師の資格取得のためにどうしたら良いのか、教員が相談にのります。また、関心を具体的なものにするために、いくつかの選択科目を準備しています。看護学を学ぶ中で自分にあった道を一緒に考えていきましょう。
Q入学後の下宿については紹介してもらえますか。
A学生の皆さんが安心して学生生活を送ることができるよう、信頼のおける不動産業者を紹介しています。
Q勉強のことや生活のことなど相談することはできますか。
A大学生活は高校と違うところが多く、慣れるまでがちょっと大変です。本学部では学生が大学生活を順調に送ることができるように、教員が積極的にサポー卜する担任アドバイザー制をとっています。学業のこと、就職のことなど様々な悩みについて教員が一緒に考え、学生自身が解決できるようにサポートします。
Q看護学生は忙しく、サークル活動やアルバイトはできないのでしょうか。
A1・2年次は学業とサークル活動やアルバイトなどの両立は可能です。ただし看護学生の忙しさは学年によって異なります。せっかくですからメリハリをつけて、学生時代ならではの様々な経験をしてください。他学部の学生に比べ学習時間も多く、身なりやマナーなども厳しく大変ですが、看護師になりたいという思いがあれば大丈夫です。共に支え合う仲間や温かくサポートする教職員と一緒に頑張りましょう。
Q実習中の事故に対しての保険はどうなりますか。
A安心して学生生活を送ることができるように、また、実習中に起こる可能性のある事故に備えて、大学の指定する総合補償制度に加入していただきます。
Q男性看護師の就職はどうでしょうか。
Aほとんどの病棟で男性看護師が働いています。これからますますの活躍が期待されます。
Q就職は大丈夫ですか。
Aアドバイザ一教員を中心に就職支援を行います。実習病院をはじめとして本学部の卒業生に期待を寄せている病院が数多くあります。実習などで自分がどの様な病院・施設で働きたいか、どのような看護師になりたいかを一緒に考えていきましょう。