四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 【看護学部】楢原理恵講師が「在宅医療助成勇美記念財団」の研究助成に採択されました。

ニュース

【看護学部】楢原理恵講師が「在宅医療助成勇美記念財団」の研究助成に採択されました。

2018.03.30
お知らせ
「公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団」の研究助成に、楢原理恵講師(看護学部)の研究テーマが採択されました。

■研究課題
訪問看護師および病院看護師の利他性とバーンアウトに関する研究

■研究内容
わが国の医療政策は、地域完結型医療の推進がなされており、訪問看護師の役割については、期待が高まっています。しかし、病院で豊富な経験や知識をもった看護師が、訪問看護ステーションへ就職した際に、定着することなく離職することが大きな課題であると考えています。そこで本研究では、訪問看護師の業務特性に焦点を当て、経済学の利他性理論に即した仮想質問やバーンアウト尺度等を活用し、大規模なアンケート調査を実施します。病院看護師および訪問看護師のデータを比較検証することで、訪問看護師の離職要因を探求しようとする研究です。

■助成金額
580,000円

楢原理恵講師紹介はこちら

公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団HPはこちら