四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 【リハビリテーション学部】松木教授が学会にて研究成果を発表しました。

ニュース

【リハビリテーション学部】松木教授が学会にて研究成果を発表しました。

2019.01.10
お知らせ
理学療法学専攻の松木明好教授が、第5回アジアリハビリテーション科学学会(台湾)にて、2演題「Effect of random noise galvanic vestibular stimulation on the excitability of vestibulospinal response –a double blind sham-controlled pilot study–」、「Effect of visually guided tracking training using own foot center of pressure on upright postural stability -a preliminary study-」の研究発表を行いました。
これらの研究成果は前庭リハビリテーションやバランストレーニング効果を高める手法の開発に寄与する可能性があります。

第5回アジアリハビリテーション科学学会についてはこちら

松木明好教授の教員紹介はこちら