四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > ニュース > 【リハビリテーション学部】嘉田教授の共同研究がトヨタ財団の研究助成に採択されました。

ニュース

【リハビリテーション学部】嘉田教授の共同研究がトヨタ財団の研究助成に採択されました。

2017.10.5
お知らせ
本学リハビリテーション学部嘉田良平教授が代表を務める共同研究「上下流連携による生態系保全と地域経済の両立をめざして~アジア版地方創生への一提案~」が公益財団法人トヨタ財団(注)の「2017年度国際助成プログラム」の1つとして採択されました。このプログラムは、環境保全と地域経済の活性化との両立をめざして、地域住民と大学や自治体などとの連携によって実践的に新たな地域社会づくりを試みようとするものです。なお、予算額は730万円、助成期間は2年間(2017年11月~2019年10月)です。

(注)トヨタ財団は、1974年、トヨタ自動車によって設立された助成財団。財団は、世界的な視野に立ち、しかも長期的かつ幅広く社会活動に寄与するため、生活・自然環境、社会福祉、教育文化などの領域にわたって時代のニーズに対応した課題をとりあげ、その研究ならびに事業に対して助成を行っています。

トヨタ財団助成対象詳細についてはこちら