四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 学部情報 > 看護学部 看護学科

看護学部 看護学科

四條畷学園大学が育成する看護師像
私たちは、次に掲げる能力を兼ね備えた看護師を育成します。
  • 豊かな人間性と社会性
  • 専門職としての倫理観
  • 専門的知識と技術を持ち、
    看護を実践する能力
  • 看護の専門性を探求する能力
  • チーム医療の一員として
    連携・協働する能力
看護師資格取得に特化することで看護学の基礎教育を充実
豊かな人間性と高い倫理観を兼ね備えた看護師を育成するために、
取得資格を「看護師」一本に絞り、4年間のカリキュラムをバランスよく配置しています。
学習の順序性にこだわり、また自分と向き合い、考えることを大事にしたカリキュラムが魅力です。

3つのポイント

  1. POINT 01

    共通の模擬家族で
    学ぶ醍醐味

    演習科目「看護学実践論」では、一つの4世代の模擬家族【畷ファミリー】を柱とした授業を行います。家族が生活する過程で看護が必要とされる様々な場面について、各専門領域(基礎、小児、成人、老年、母性、精神、在宅看護学)の視点から学習し、また領域間の関係性についても理解します。看護の対象となる人々は、生活者であり、家族の一員であるという視点をしっかりと身につけることを狙いとしています。

  2. POINT 02

    看護の課題に
    対応した科目

    高齢化が進む現代社会において、病院の中だけでなく、自宅に戻ってからも病気や障がいと向き合っていくケースが増えています。そこで本学では、2年次に在宅看護学実習を配置し、早期に地域で暮らす療養者とその家族に触れ、在宅で療養しながら生活するとはどのようなことかを考える機会を持ちます。また、「チーム医療論」や「医療リスクマネジメント論」、「暴力と看護対処論」といった科目を開設し、医療現場の現実的な課題に対応します。

  3. POINT 03

    教養科目の充実による
    多様な価値観の理解

    生命の尊厳と人権の尊重について理解し、人を思いやる豊かな人間性を育むため、教養科目にも重点を置いています。4年次に教養基礎科目として「哲学」や「死生学」といった科目を配置。講義を通じて自分自身と向き合う一方で、死生観、セクシュアリティ等の課題に取り組むなかで、多様な価値観が有ることを理解し、また尊重できる看護師を目指します。

カリキュラム
実践的な学びを取り入れ、
豊かな人間性と高い倫理観を兼ね備えた看護専門職の育成をめざします。

詳しくはこちら

地域に根ざした実習施設

実習施設は、通学圏内の病院・施設を中心に行います。患者の退院後の生活を視野に入れた看護も提供できるよう、病院施設と在宅看護の実習を交互に組み立てています。
複数の多様な病院・施設で実習を行うことは、理想の看護師像を描き、看護師のキャリアを築く上で、貴重な経験となります。

【医療機関等】

  • ・大阪市立総合医療センター
  • ・市立東大阪医療センター
  • ・市立池田病院
  • ・市立豊中病院
  • ・大阪市立十三市民病院
  • ・大手前病院
  • ・枚方公済病院
  • ・大阪府済生会 中津病院/大阪整肢学院
  • ・小阪病院
  • ・医誠会病院
  • ・畷生会脳神経外科病院
  • ・日生病院
  • ・野崎徳洲会病院
  • ・ねや川サナトリウム
  • ・聖バルナバ病院
  • ・北野病院 ほか

【教育機関等】

  • ・四條畷学園大学附属幼稚園
  • ・四條畷市立忍ヶ丘保育所
  • ・四條畷市立岡部保育所 ほか

【老人保健施設、社会福祉施設】

  • 大阪市
  • 美杉会
  • 若弘会
  • るうてるホーム ほか