四條畷学園大学-Shijonawate Gakuen University-

トップページ > 受験生の方へ > 科学研究費助成事業(科研費)に本学教員4名の研究課題が採択されました。

受験生の方へ

科学研究費助成事業(科研費)に本学教員4名の研究課題が採択されました。

2018.04.13
お知らせ
平成30年度科学研究費助成事業(科研費)に教員4名の研究課題が採択されました。

◆青木 修(リハビリテーション学部理学療法学専攻 教授)
「ノイズ前庭電気刺激が前庭脊髄路の興奮性ならびに動的バランスに与える影響」

青木 修教授の紹介はこちら

◆谷口 清弥(看護学部 教授)
「クリニック通院中のメンタルヘルス不調者へのセルフマネジメントプログラムの開発」

谷口 清弥教授の紹介はこちら

◆吉川 彰二(看護学部 教授)
「先天性心疾患をもつAYA世代のトランジションに向けたケアプログラムの開発と評価」

吉川 彰二教授の紹介はこちら

◆大田 博(看護学部 講師)
「急性期看護学におけるTBLのためのシュミレーション教育用電子カルテシステムの開発」

大田 博講師の紹介はこちら

※科学研究費助成事業(科学研究費補助金/学術研究助成基金助成金)とは、政府の競争的資金として、人文学・社会科学から自然科学までのすべての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる独創的・先駆的な「学術研究」を対象とした研究活動に必要な資金を研究者に助成する仕組みの一つです。(科学研究費助成事業パンフレットより抜粋)

一覧へ戻る